【宮城県蔵王町】みやぎ蔵王こけし館 メキシこけし展出品のお知らせ!

e0318040_16282516.jpg


MEXIKOKESHI

日時:平成28年12月10日(土)~平成29年4月16日(日)
場所:宮城県蔵王町 みやぎ蔵王こけし館
時間:9:00~17:00(年中無休/最終入館16:30)
12月29日~1月3日(年末年始)の入館は15:00まで
入場料:無料(常設こけしの展示もご見学の場合は入館料300円が必要です)

************************

皆様こんばんは!
以前津軽こけし館でも開催したメキシこけし展が今年の夏から開催していた福島県西田記念館さんに引き続き、宮城県のみやぎ蔵王こけし館で開催する事になったそうです!

津軽こけし館からも販売用のメキシこけし(長谷川優志工人/山谷レイ工人/阿保正文工人)初日に合わせてお送りする予定ですので、ぜひ行ってみて下さいませ!

e0318040_1629491.jpg


メキシコ×こけし=メキシこけし

「メキシこけし」とは、「メキシコ」の様々な先住民族や工芸職人が絵付けをした「こけし」のこと。このプロジェクトは東日本大震災を契機に、実家が宮城県で、現在はメキシコ政府観光局に勤めるCHIDO PROJECT志田朝美氏により2011年冬に始動し、東北発祥の文化「こけし」に復興の願いを込めて作られた「メキシこけし」の展示会が日本各地で開催されています。

東北の伝統こけし工人が挽いた木地にメキシコの工芸職人達が日々の手工芸品作りの技法を活かした絵付けをする―
そうすることで、東北のこけし文化とメキシコの伝統工芸双方の支援に繋がればとの願いも込められています。

宮城県とメキシコは、1614年に支倉常長率いる慶長遺欧使節団がメキシコを訪れたことから、仙台市とメキシコのアカプルコ市が姉妹都市提携を結んでおり、今年度で40周年を迎えるなど、交流が続いております。

本展を通じ、こけしと東北展そしてメキシコへの理解と関心を深めるきっかけとなれば幸いです。


主催:CHIDO PROJECT
協力:メキシコ観光局/ブエブラ州政府観光局/ハリスコ州政府観光局/
グアナファト州政府観光局/ゲレロ州文化芸術振興局/オアハカ工芸機構/メキシコ工芸品振興基金/アエロメヒコ航空/木彫工房ヒメネス/
津軽こけし館
後援:メキシコ大使館
by tsugarukokeshi | 2016-12-05 18:15 | 津軽こけし館からのお知らせ | Comments(0)