【東京銀座 伊東屋】 こけしとWooden Dolls  津軽こけし館出品のお知らせ!

8月6日追記更新・・・会期延長となり、8月15日(水)まで延長になりました。

e0318040_23172934.jpg

こけしとWooden Dolls
 - 日本と西洋のクラフトマンシップ -


日時:平成30年8月2日(木)~11日(土)15日(土)
営業時間: (平日)10時~20時 /(日・祝)10時~19時
場所:東京中央区銀座 / 銀座・伊東屋 G.Itoya 6F
内容:全国11系統の伝統こけし工人の作品約300体とvitra社のWooden Dollsの展示販売

**************************

皆様こんばんは!
津軽こけし館、8月に文房具や画材の老舗伊東屋さんで開催されるこけしイベントに伝統こけし工人作品約300点出品します!

こちら、当館を良く利用いただくこけしファン(特に山谷レイ工人押し(笑))の方からのご紹介がご縁でイベント開催することになったのですが、昨年夏&秋に東京にイベント出店した際にスタッフ山田と合わせて正文工人やレイ工人とも立ち寄って見学してきたお店です♪
銀座なので高級感溢れる街並み・・・♪そしてさらに立派でオシャレな伊東屋さんのビル♪
扱っている文房具や画材もオシャレで高級感溢れる商品が多かったのですが、とても衝撃的だったのが上層階に野菜畑?というか確か「ファーム」と書かれたフロアがあってそこで野菜とか作っていたような・・・・(笑)
山田も苦笑いして見てましたが、レイ工人もキョトン・・・と見ていたのを覚えております(笑)
さすが東京銀座・・・(笑)

ということで、津軽こけし館から山谷レイ工人作品含めて色々な工人さん作品混ぜて約300体近く出品する予定です!

また、こけしと合わせて、普段からも伊東屋さんで扱っているウッデンドールもピックアップして期間中に一緒に展示販売行うそうです♪
以前、遠刈田系の佐藤康広工人がVitraとコラボした“こけしドール”を製作して限定販売しておりましたが、こけしともご縁があるお人形とのことでウッデンドールの説明文も頂いたのでご紹介させて頂きます!
※ちなみに今回のイベントは康広工人が製作したこけしドールのようなウッデンドールとこけしのコラボ作品等を販売する訳ではないのでお間違えなく・・

************************

e0318040_2325587.jpg

西洋のこけし / Vitra ウッデンドール

サンタフェの自邸に飾るために、1952年にアレキサンダー・ジラードが自らデザインしたウッデンドール。
ジラルドは南米、アジア、東ヨーロッパの民族芸術に深い関心があり、日本の“こけし”からもインスピレーションをうけデザインに活かしたと言われています。
ユニークな表情や柄、色使いにジラードの独特な世界観が表現されたコレクションです。
パイン材を削り、ひとつひとつハンドメイドで丁寧に色付けされています。
※手工芸品のため個体差があります。また、色ムラや製作過程で付着した汚れなどがあります。

************************

以上です!!

また、津軽こけし館毎年8月10日前後に出店していた東京国際フォーラムでイベントに今年は参加しません!(正確には参加したかったけど色々あって願い叶わず・・・(汗))
そのため、銀座伊東屋さんにたくさん作品送る予定ですので伊東屋さんに皆様ぜひ立ち寄ってみてくださいませ♪

どうぞよろしくお願い致しますー!
by tsugarukokeshi | 2018-07-20 00:26 | 津軽こけし館からのお知らせ | Comments(0)